女性の悩みで多いものと言えば、ムダ毛の処理があげられます。特に夏場の暑い季節になると、露出よ多い服装になるため、それまでよりも念入りにムダ毛の処理をしなくてはならなくなります。しかし、ムダ毛の処理を自分で行う場合、その多くが毛抜きかカミソリを使用しますが、そのどちらとも肌に傷をつけるなどが原因となって、黒ずみや肌荒れなどの肌トラブルを起こしてしまうのです。
そこで、このようなトラブルを回避してムダ毛をなくすには、脱毛が良い手段となります。中でも医療機関で行うレーザー脱毛は、エステサロンの光を使用した施術とは違い、効果が永続するという大きなメリットがあります。そして、医療機関であることから、何かトラブルが起きた場合でも、その場で直ぐに対処できるという安心感もあるのです。ところが反対にデメリットとして、レーザーの照射はパワーが強いため、施術時に痛みを伴ってしまうのです。残念ながら、痛くない医療脱毛というのは今のところ存在しません。また、レーザーをあてる部位によっても、痛みの感じ方は変わってきます。例えばデリケートなVIOラインなどは、痛みを強く感じてしまうことが多いのです。逆に言えば、照射の威力が強いからこそ脱毛の効果が永久的であり、また医療機関でしか施術することが許されていないのです。そして、どうしても痛いのが苦手であったり、そのことで躊躇してしまう人がいます。しかし、そのような場合は人にもよりますが、痛みを感じないための麻酔を利用することも可能ですので、医師に相談して施術を受けることもできるのです。